MediBang Pro

Tutorial

FAQ

オプションメニュー

あなたの需要に応えるアプリとなるよう、MediBang Proを調整しましょう。オプションメニューでは、作業の進行をさらに円滑にするために、アプリの設定を変更することができます。画像やテキストの挿入、キャンバスの設定変更、インターフェースの調整など、必要なものはすべて揃っています。

オプションメニュー

キャンバス設定、ツールへのアクセス、インターフェースの外観など、すベての設定が編集可能です。

画面左上の歯車アイコンをタップしてアクションメニューを開きます。

メニューサイドバー

サイドバー内のオプションメニューは5つのセクションに分かれています。タップしてそれぞれのセクションを開きましょう。各セクションの概要を以下で紹介します。

1. アクション

作品へのスパイスをアプリの外から加えてみましょう。

画像の切り取り・コピー・キャンバスへの貼り付けや、写真の撮影、クリップボードからの追加など。

詳しくはこちらをご覧ください。

2. キャンバス

キャンバスの編集はここですべて完結。

サイズ変更やトリミング・反転、ガイド線の設定変更やグリッドの表示・非表示など。

詳しくはこちらをご覧ください。

3. エクスポート

様々なファイル形式で作品をエクスポート。

MediBang Pro本来の形式である.mdpをはじめとして、JPEG、レイヤーが保持できるAdobe® Photoshop®のPSD、PNG(透過オプション付き)、TIFF、WEBP、BMPさらにGIFまで。様々な形式での作品インポートが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

4. 環境設定

アプリのインターフェースとコントロールをカスタマイズ。

ショートカット設定、スタイラスペン位置調整、筆圧感知設定、ブラシカーソル、ブラシアンチエイリアス、資料ウィンドウ、マルチタッチジェスチャー設定、UI透明度、手ぶれ補正など。

詳しくはこちらをご覧ください。

5. ヘルプ

ヘルプのリンクをご覧ください。