メディバンペイント for Android(MediBang Paint for Android)の使い方を説明します。

 

今回は、メディバンファクトリーでの名刺・ポストカード入稿データの作り方法を説明します。

※メディバン ファクトリーとは、”イメージがカタチになる” アイテム作成サービスです。安価で簡単にアイテムを作ることができます。

 

メディバンファクトリーの入稿データ(完成イメージ)

メディバンファクトリーへの入稿データのサイズは

名刺の場合:幅9.7cm(1337px)高さ6.1cm(841px)解像度350dpiのpngデータ
ポストカードの場合:幅10.6cm(1461px)高さ15.4cm(2122px)解像度350dpiのpngデータ

が推奨しているサイズです。

 

また、紙の端までキレイに印刷された状態で仕上げるために印刷完成時は
推奨サイズの外側4辺をそれぞれ3mmずつがカットされた状態で仕上がります。(赤枠部分)

このカットされる部分の事を塗りたしと言います。

さっそく名刺・ポストカードのデータ作成を作ってみよう!

 

新規作成ダイアログで、

【名刺の場合】
幅:9.7cm  × 高さ:6.1cm  解像度:350dpi(ヨコ位置)
※「塗り足しmm」が含まれたサイズとなります。

【ポストカードの場合】
幅:10.6cm × 高さ:15.4cm  解像度:350dpi(タテ位置)
※「塗り足しmm」が含まれたサイズとなります。

タテとヨコを入れ替えたい場合は、
幅と高さの数値を入れ替えてください。

 

 

キャンバスを作成したら
塗り足しのガイドラインを表示させます。
編集メニューアイコン>「漫画原稿ガイド設定」を選択してください。

※本来は漫画用のガイドですが名刺、ポストカードでもガイドとして使用できます。

 

 

 

【名刺の場合】
〈外枠(製本サイズ)〉 幅:9.1cm  × 高さ:5.5cm (ヨコ位置)
〈内枠〉 幅:0cm  × 高さ:0cm
塗り足し:3.0mm

 

【ポストカードの場合】
〈外枠(製本サイズ)〉幅:10.0cm × 高さ:14.8cm (タテ位置)
〈内枠〉 幅:0cm  × 高さ:0cm
塗り足し:3.0mm

タテとヨコを入れ替えたい場合は、
幅と高さの数値を入れ替えて入力してください。

※塗り足しは印刷時にカットされる部分の為、重要な文字や内容が入らないよう気をつけましょう。

 

 

 

データが完成したら、保存メニューより
png/jpg形式でエクスポート」を選択し、
PNG形式」で保存をしてください。

これで入稿データの完成です。

さっそくメディバンファクトリーで入稿をしましょう。

作り方を見たい人はこちら