イラストを描いたのはいいけど、色を塗ったらなんだか味気がない・・・そう思ったことはないでしょうか?

 

そんなときはハイライトを入れると完成度がグッと高まりますよ!

そこで、イラストのクオリティを高めるハイライトの入れ方を紹介します!

 

ハイライトを入れるコツ

1. 光が当たっているところを入れる
2. 線画のふち部分に入れる

この2点を意識してハイライトを入れるとグッと見た目がよくなります!

 

 

ハイライトの入れ方

今回のハイライトは以下の手順で行います。

1.ハイライト用の新規レイヤーを作成する
2.ハイライトを入れたいところ周辺の色をスポイトで取る
3.スポイトで取った色を少し明るくしてハイライトを入れる
 

1. ハイライト用の新規レイヤーを作成

まずハイライト用のレイヤーを新規作成します。

新しく作成したレイヤーは、塗りのはみ出しを防ぐためにベースとなるレイヤーにクリッピングしておきます。

▼クリッピングについての解説はこちら▼
ラクにはみ出さずに塗る方法

 

2. ハイライトを入れたい部分周辺の色をスポイトする

スポイトとは描画中のキャンバスから好きな色を取り出せるツールです。

▼あわせて読みたいスポイトについての解説はこちら!▼
便利な機能を使ってみよう

 

3. スポイトで取った色を明るくしてハイライトを入れる

先ほどスポイトで取った色より明るい色でハイライトを入れます。

ほかの部分にも同様の手順でハイライトを入れていけば完成です!

 

ハイライトを入れることで、見栄えがよくなりますよ!

 
細かい部分ではありますが、このひと手間でグッと完成度が上がります。
ぜひ皆さんも活用してみてくださいね!

▼あわせて読みたい「色」についての記事はこちら▼
色相・彩度・明度とは