クラウドアルパカは、リリース当初から、「OS、デバイス、言語ーすべてのボーダーを超えて、世界中のクリエイターに愛されるツール」を目指してきましたが、この度、PC版に加えてAndroid版をリリースすることになりました。これを機に、クラウドアルパカは、新しく「MediBang Paint」として生まれ変わり、タブレット版は「MediBang Paint Tablet」としてリリースすることになりました。(PC版は、MediBang Paint Pro、近日リリース予定のスマートフォン版はMiniとしてリリース)



MediBang Paint Tabletの特徴

◆ ペンタブレットがなくても描ける

「MediBang Paint Tablet」 は、レイヤーやブラシ・バケツなどの基本的な機能はもちろん、マンガ・イラストを描くために必要なトーン貼りやコマ割り等が簡単にできる機能が揃っている本格的なマンガ・イラスト制作アプリです。PC版のマンガ・イラスト制作ソフト「MediBang Paint Pro」と変わりない機能・操作性となっております。
「MediBang Paint Tablet」 をダウンロードすれば、ペンタブレットを持っていなくても、本格的なマンガ・イラスト制作を始めることができます。

MedibangPaintTablet01

◆ タブレットに最適化されたインターフェイス

「MediBang Paint Tablet」は、本格的なマンガ・イラスト制作を快適に行えるように、タブレットに最適化された
インターフェイスを採用しています。
まず、PCと比べて小さいタブレットの画面を最大限描画に活用できるように、ウィンドウを出し入れ可能なインターフェイスを採用しました。これによりタブレットでも、単なるお絵描きソフトとは一線を画した、本格的なマンガ・イラスト制作が可能になりました。

《最大限描画スペースを確保した状態》

MedibangPaintTablet02-1

 

また、PCとは異なり、ショートカットキー入力の際に必須となる物理キーボードを持たないタブレットにおいても操作性を損なわないよう、高頻度で使用する動作をワンタップで行える「ショートカットパネル」を配置いたしました。
この「ショートカットパネル」で行える動作は、自由にカスタマイズできるようになっており、自分好みの制作環境をタブレットで再現できます。

QuickTour04

新しくリリースした「MediBang Paint Tablet」、是非試してみてください。