メディバンペイント for Android(MediBang Paint for Android)の使い方を説明します。

今回は、キャンバスの新規作成について説明します。

 

・キャンバスの新規作成の種類

キャンバスの新規作成の中にも、


 ・用紙を自分で自由に設定できるもの

 ・画像をインポートしてキャンバスにできるもの

・ホーム画面から1タップですぐにできるもの

の3種類があります。

 

1. 用紙を自分で自由に設定して新規作成する方法

①「ホーム画面」>「端末」を選択します。

たんまつ

②ギャラリーの+ボタンをタップして、「新規ページ追加」をタップしてください。

新規ページを追加

 

③「キャンバスの新規作成ウィンドウ」が表示されるので、用紙の設定を選択していきます。

(1)用紙の大きさを選択します。

用紙の大きさを選択するには2つの方法があります。

 

 ・1つ目 

 ここに自分の好きなサイズを入力して、用意する方法です。

 単位はアイコンをタップすることで「pixels」、「㎝」から選べます。

幅・高さ

 

・2つ目

2つ目は、プリセットから用紙のサイズを選択する方法です。

紙のサイズ、LINEスタンプ、Twitter用などのテンプレートを用意しています。

用紙サイズからセット

<単位いろいろ>

  ・inch(インチ)

   1inch=2.54㎝です。アメリカなどでは、cmよりinchの方が使われます。

  ・pixel(ピクセル)

 ピクセルはディスプレイ装置の画面に表示する色情報の最小単位のことをいいます。日本語だと、「画素」と呼ばれるものです。

 

 一概に1ピクセル=何ミリと言うことはできず、ディスプレイの解像度によって異なります。

 

(2)解像度を選択します。

任意の幅、高さ、解像度を設定、または「用紙サイズ」から選択して、「OK」をタップしてください。

dpi

<解像度とは?>

そもそも、解像度dpiって何?

dpi =dot per inch =1インチあたりのドット数です。

つまり、解像度は、キャンバス1インチ(2.54㎝)の中にどれだけの数のドット(ピクセル)が入っているかを示す値です。

 

 例えば、2dpiの場合1ピクセル=2.54÷2=1.77㎝になります。

     5dpiの場合1ピクセル=2.54÷5=0.508㎝になります。

インチ説明

・解像度が変わると何が変わるの?

まず、解像度が高くなるほど、画像容量が大きくなりますが、解像度が高くなるほど、画質はよくなります。線もなめらかに表現できます。

 

・解像度はどれくらいにすべきか?

一般的には、白黒印刷は「600dpi」、カラー印刷は「350dpi」、web表示用は「72dpi」が適しているとされています。

 

 

(3)背景色を選択する。

・背景が透過したイラストを描きたい場合は、「透明」を選択します。

・色を指定する場合は、「色指定」にした上で、下のボックスをタップすると好きな色を選択できます。

背景色のダイアログ

(4)「OK」をタップします。

 

・ここで指定したサイズは後から変更できます。ただし、dpi(解像度)は後から変更すると画質が劣化してしまうので、最初から目的に合った数値を指定することをおすすめします。

 

2. 画像をインポートして新規作成する方法

①「ホーム画面」>「端末」を選択します。

たんまつ

②ギャラリーの+ボタンをタップして、「PNG/JPGをインポート」をタップしてください。インポート
③インポートしたい画像を選択すれば、画像が開きます。

 

3. ホーム画面から1タップですぐに新規作成する方法

「新しいキャンバス」をタップすると、すぐにキャンバスが作成され絵を描くことができます。

あたらしい

 

 

 

作成したデータを製作し、閉じた後、
次にアプリを起動した時、同じデータを続けて作業したい場合は、「前回の続き」を押してください。
先ほど作業していたデータをすぐに開くことができます。

ぜんかい