8.人物に光を入れる

人物の光が当たっている部分を描いていきます。

1人物フォルダの上に新規レイヤーを作成しブレンドを「オーバーレイ」にしクリッピングします。レイヤー名に光という名前をつけておきました。

人物フォルダのブレンド通過から通常に変えます。

ブレンド通常に変えることで、フォルダにクリッピングしたレイヤーの描画をフォルダに対して反映させることができます。

2ツールバーのブラシツールブラシツールの「ペン」や「水彩」で、光レイヤーに光を描いていきます。

3髪の毛の光が弱いと感じたので、新規レイヤーを作成しブレンドを「オーバーレイ」にしクリッピングして、髪の毛に光を足していきます。

4人物が背景と浮いていると感じたので、夜の景色に人物が居るように見えるよう、なじませます。
新規レイヤーを作成しブレンドを「乗算」にしクリッピングします。

5メニューバーの「レイヤー」から「塗りつぶし」を選択し、人物全体を影色で塗りつぶします。

そのままだと人物が沈んでしまうので顔周りや光が当たっていそうな部分をブラシツールの「消しゴム(ソフト)」などで削っていきます。

6新規レイヤーを作成しブレンドを「スクリーン」にしクリッピングします。
イラストの下の部分をブラシツールブラシツールの「エアブラシ」で白色でふわっと塗ります。

7まだ少し人物が浮いている気がしたので、髪周りをなじませます。
新規レイヤーを作成しブレンドは変えず「通常」にしクリッピングします。スポイトツールを使い背景の青色を拾いながらブラシツールブラシツールの「エアブラシ」で塗っていきます。

8新規レイヤーを作成しブレンドを「オーバーレイ」にし、光の粒を描きます。

9完成しました。

9.最後に(サイズ変更、保存)

最後にサイズ変更、保存方法を説明します。

【サイズ変更】

1メニューバーの「編集」から「画像解像度」を選択します。

2画像解像度」ダイアログが開きますので、変更したいサイズの数値を入力してください。


※「比率の保持」にチェックが入っていると、幅か高さのどちらかの数値を変更したとき、
自動でもう片方の数値も変更されます。
チェックを外した場合、入力した数値によってはキャンバスが変形しますので注意してください。

【データの保存】

メディバンペイント立ち上げ時にログインしている場合はメニューバーの「ファイル」<「クラウドに新規保存」でオンラインへ保存する事ができます。


もし、自分のPCへ保存したい場合は「名前をつけて保存」を選ぶことにより、オンライン以外の場所へ保存する事も可能です。

《メディバンペイントが対応しているデータの拡張子》
MediBang Paint(.mdp)
メディバンペイントで最適な形式です。メディバンペイント特有の機能(コマ素材)やレイヤーをそのままの状態で保存することができます。
PNG(.png)
WEB用に適した画像形式です。背景を透過させた状態の画像として保存する事もできます。(レイヤーは保存されません)
JPEG(.jpg)
WEB用に適した画像形式です。圧縮率(画質)を変える事が出来るので容量を軽くする事もできます。(レイヤーは保存されません)
Bitmap(.bmp)
Windowsが標準サポートしている画像形式です。
無圧縮なのでデータ容量は大きいですが、劣化なしで繰り返しの保存が可能です。(レイヤーは保存されません)
PSD(.psd)
photoshopの保存形式です。印刷所への入稿などPSDを推奨している場合に利用してください。
(レイヤーは保存されますがメディバンペイント特有の機能は保存されません。ラスタライズしてから保存してください)
以上で、はじめてのメディバンペイント 初心者向け講座を終わります。

はじめてのメディバンペイント 初心者向け トップへ