モノトーンの中に赤が映えるスタイリッシュなイラストですね。

今回はこのイラストを使い、スタイリッシュなイラストを描くポイントをご紹介します!

 

①ペン入れ

線の太さに強弱をつけることで単調さがなくなります。

ブラシは、にじまないものを選ぶことでハッキリとした印象にできます。今回は「ペン」を使用しています。

 

②影入れ

画面が黒すぎると重く、暗い印象になってしまいます。黒は画面の60%くらいで止めておきましょう。

また、今回のようにハッキリした印象の絵にしたい場合は、影を細かく描きすぎないこともポイントです。

 

 

③着色

最初にメインの色であるグレーを塗ります。ただのグレーではなく、差し色と同系色(今回は赤やピンク)を少し混ぜると全体の色馴染みが良くなります。

差し色も、真っ赤のようなハッキリした色ではなく、少しくすんだ色を使うとバランスが良くなります。

 

④ハイライト

暗色が多いとどうしてものっぺりとした印象になってしまいがちです。そこで、輪郭に白を入れることでキャラを際立たせます。

線画レイヤーを「透明度を保護」して、ハイライトを入れたいところの線をなぞれば簡単にできます。しかし、この方法は黒の輪郭線を白いハイライトに変えるため、輪郭線が細くor無くなったような印象になります。ご注意ください。

 

 

完成です!