iOS版のメディバンペイントにある「Retina表示を無効(有効)にする」という表示ですがどういうものかイマイチ分からない人も多いですよね。

そこで今回はRetinaについてご紹介します!

 

Retinaとは

Retinaとは簡単にいうとアップル製品に搭載されている超高画質のディスプレイです。

搭載モデルは2010年発売のiPhone4以降となっているので、「知らないよ!」という人でもiPhone4以降をお使いならディスプレイは全部このRetinaディスプレイということになります。

iPadも2012年発売の第3世代iPad以降に搭載されています。

iOS版メディバンペイントでもこのディスプレイに合わせてキャンバスを高画質で表示できる設定になっています。これがRetina表示になります。

 

どう変わるの?

下が実際にメディバンのRetina表示を無効/有効にしてそれぞれスクショしてみた結果です。

無効にするとわずかに線画ぼやっとするのがわかるでしょうか?

上の絵は「Gペン」で描いたのでにじみ方の違いがわかると思います。

逆を言えばこのくらいの差なので気にならない方でバッテリー残量が心配な人は無効にしてもあまり問題はありません。

 

 

設定方法

 

iPhone、iPadともキャンバスから設定可能です。

左上にあるメニューボタンから「Retina表示を無効(有効)にする」を選択するだけです。