主役となる人物などにピントを合わせた、一眼レフで撮影したような遠近感のあるイラストのつくりかたをご紹介します!

 
主役となる人物のレイヤーと背景のレイヤーに分けて作成していきます。


 

●背景をぼかす

“主役となる人物などにピントを合わせた”と書きましたが、工程的には人物以外をぼかしていくことになります。

背景レイヤーにレンズぼかしをかけます。
(フィルタ → レンズぼかし → 半径:28 / 明るさ:2)

レンズぼかしについて詳しくはこちら
レンズぼかしの使い方

 
同じぼかしでもガウスぼかしを使うとこうなります↓


 

●近距離のものを描く

さらに、人物よりも手前に描き加えてもっと遠近感を出していきます。

この後の工程を見ていただけばわかると思いますが、このくらいざっくりと形と色だけを表現すれば大丈夫です。

 
手前のものはガウスぼかしをかけて背景よりもぼかしていきます。
(フィルタ → ガウスぼかし → 値:45)

 
これを一番上に重ねて完成です!
ぜひ様々なイラストに応用して、遠近感を出してみてください!