動作環境

製品名 MediBang Paint Pro
OS Windows 7 Service Pack 1
Windows 8 / 8.1
Windows 10
Mac OS 10.9
Mac OS 10.10
Mac OS 10.11
Mac OS 10.12
Mac OS 10.13
HDD インストール用に100MB以上の空き容量(画像の保存、作業領域用に2GB以上の空き容量を推奨)
メモリ容量 OS が推奨するメモリ容量(32bitは4GB、64bit は8GB以上を推奨)
インターネット接続 クラウド機能(クラウド保存、クラウド素材、クラウドテキスト)を使用するためには、 PCのインターネット接続環境が必要
周辺機器 Wacom互換タブレットからの筆圧に対応
入力対応
フォーマット
mdp(MediBang Paint形式)、png、jpg、bmp、gif、psd、tif、webp
出力対応
フォーマット
mdp(MediBang Paint形式)、png、jpg、bmp、psd、tif、webp

 

リリースノート

Version 15.0 (2018/5/24)

【新機能】
カラーマネジメント機能を追加しました。
– CMYK出力時のシミュレーションができるようになりました。
– MDPファイルにカラープロファイルが埋め込まれるようになりました。
– PSDファイルのICCプロファイルの読み書きに対応しました。
– JPEG/PNG ファイルのICCプロファイル読み込みに対応しました。
ブラシサイズがリストから選べるようになりました。
クラウド作品のコピーができるようになりました。
【改善】
キャンバスのトリミング時に範囲外の描画情報を残せるようになりました。 
【修正】
キャンバスの表示を回転した状態でブラシの描画がずれる不具合を修正しました。
特定の条件で正しくクリッピングされない不具合を修正しました。
Windowsで一部のキーボードサポートが使えない不具合を修正しました。
軽微な不具合の修正を行いました。 

Version 14.1 (2018/4/12)

【修正】
レイヤー複数選択時に、レイヤー入れ替えでアプリが固まる不具合を修正しました。
レイヤーウインドウがサイドに固定されていない場合に、レイヤー複数選択ができない不具合を修正しました。

Version 14.0 (2018/3/29)

【新機能】
レイヤーの複数選択機能を追加しました。
– Shift キーを押しながらレイヤークリックで一気に選択できるようになりました。
– Control キーを押しながらレイヤークリックで一つずつ選択選択したレイヤーをフォルダにまとめる機能を追加しました。
選択したレイヤーをフォルダにまとめる機能を追加しました。
-レイヤーリストを右クリックで表示されるメニューから実行
色収差フィルターを追加しました。
【改善】
MDPファイル保存時の省メモリ化を行いました。
システムメンテナンス中のログインに対する改善を行いました。
【修正】
色相フィルタの不具合を修正しました。
軽微な不具合の修正を行いました。

Version 13.2 (2018/2/21)

【改善】
MDPファイル保存時の安定性を向上しました。
ハーフトーンレイヤーを含むMDPファイルを一括書き出ししたときの挙動を改善しました。
【修正】
漫画原稿の新規作成時にキャンバスサイズがおかしくなる不具合を修正しました。

Version 13.1 (2018/1/25)

【改善】
キャンバスが回転している状態でもテキストレイヤーが移動できるように改善しました。
漫画原稿のテンプレートを見直しました。
対角を固定した変形ができるよう改善しました。
【修正】
軽微な不具合の修正を行いました。

Version 13.0 (2017/12/14)

【新機能】
バケツと自動選択の隙間閉じ機能を追加しました。
マンガプロジェクトの一括書き出し機能を追加しました。
フィルターにトーンカーブを追加しました。
レイヤーブレンド「除算」を追加しました。
レイヤーの種別にマスクとステンシルを追加しました。
【改善】
テキスト入力時に文字のふちがきれいになるように改善しました。
キャンバスが開いていないときに操作のヒントを表示するよう改善しました。
キャンバスの書き出し先にクリップボードを選択できるように改善しました。
変形時に左右反転できるように改善しました。
範囲選択外のハイライトのON/OFFを切り替えられるよう改善しました。
ファイルメニューから画像をレイヤーとして開けるように改善しました。
高DPIディスプレイでのダイアログやウィンドウの表示を改善しました。
【修正】
軽微な不具合の修正を行いました。