メディバンペイントPro(MediBang Paint Pro)の使い方を説明します。

今回は、マンガのページ管理について説明します。

 

1 クラウドプロジェクトを新規作成

「クラウドプロジェクト」とは、複数の画像ファイルをクラウド上にまとめて保存し、1冊の本のように管理できる、マンガ制作に便利な機能です。

「ファイル」>「新規クラウドプロジェクト」を選択すると、新しくクラウドプロジェクトを作成できます。

※一度に開けるプロジェクトは1つまでです。
既に別のプロジェクトが開いている場合は、「プロジェクトパネルを表示するをクリックすると表示される「プロジェクトパネル」から、現在開いているプロジェクトを「終了」してください。

新規プロジェクト

ウィンドウが表示されたら、作成する「チーム」を選び、「タイトル」を付けて、「OK」をクリックしてください。
ここで指定した情報は、後で変更できます。

プロジェクトが作成されました。3ページ分の白紙のキャンバスが最初から登録されています。
編集したいページを選んで「開く」、もしくはページをダブルクリックすると開きます。

 クラウドプロジェクトの管理

(1)プロジェクトパネル

プロジェクトパネル

 

をクリックすると「プロジェクトパネル」が表示されます。

プロジェクトパネルでは、ページの移動、追加ができます。

※ページを複製するには、複製したいページを選択し、「追加」のアイコンをクリックしてください。

すると新規ページの追加ウィンドウが表示されるので、「選択中ページをコピー」にチェックし、「OK」をクリックしてください。

新規ページの追加

 

(2) プロジェクトが開かない場合・・・

複数のプロジェクトを同時に開くことはできません。
他のプロジェクトを編集したいときは、プロジェクトパネル「終了」か、「ファイル」>「プロジェクトを閉じる」を選択してください。

 

(3) バージョン管理
クラウドプロジェクト内のページは、画像の詳細情報や、バージョンなど様々な設定が変更できます。

画像情報

画像の詳細情報ボタン

 

 

 

バージョン

画像のバージョン一覧
画像の詳細情報ではページごとのタイトルの変更、見開きの設定、ページ数の変更など、画像に付加されている情報を確認・変更できます。
ノートは、画像情報についてのメモを残すことができます。

バージョン管理では、ページのバージョンを管理できます。
※バージョンとは、そのページの更新履歴のようなものです。「クラウドプロジェクト」では「保存」する度に新しいバージョンが自動で作成されます。バージョン管理を利用すれば、古いバージョン(上書き保存する前の画像)を再び取り出すことができます。
これを利用すれば、誤って上書き保存してしまっても、元に戻すことができます。

採用 現在採用されている「バージョン」に✓マークがつきます。
※採用とは、そのページの決定稿もしくは最新版として選択されていることを示します。
バージョン 「バージョン」の番号です。1から順に番号が割り当てられるため、番号が小さいほど古いバージョンとなります。
番号はバージョンに固有のものなので、あるバージョンを削除しても他のバージョンの番号に影響を与える(番号が増減する)ことはありません。
親Ver 「親バージョン」の略です。そのバージョンの元となっている、編集前のバージョン番号を示しています。
変更前と比べたい場合、変更前に戻したい場合などに参照してください。
更新日時 その「バージョン」を保存した日時が表示されます。
更新ユーザー その「バージョン」を作成したユーザー名が表示されます。
複数人で作品を扱う「チーム制作」をするときに便利です。

コメントは、バージョンごとにつけることができます。コメントを入力後、「コメントを更新」をクリックすると保存されます。

現在採用しているバージョン以外のバージョンを採用したい場合は、採用したいバージョンを選択して、左上の「採用」のアイコンをクリックしてください。(簡単投稿をする際、採用したバージョンのものが投稿されます。)

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%91

また採用したバージョンのデータを開きたい場合、開きたいバージョンを選択後、右下にある「バージョンを開く」を選んでください。

 

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%92

採用されていないバージョンも保持されているため、いつでも詳細画面から開くことができます。

 

また、パソコンに保存されているmdpファイルを新バージョンとして保存することができます。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%93%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%81%8b%e3%82%89

またクラウドデータを資料として開くことも可能です。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3%ef%bc%94%e8%b3%87%e6%96%99

必要ないバージョンが増えてしまって管理がしづらいときは、バージョン管理画面の「削除」のアイコンをクリックし、不要なバージョンを消してください。
バージョンは一度削除してしまうと復元できませんので、消すときは慎重に行ってください。

LINELINE