JA  / EN  / SC  / KO  / ES

なにか描いてみよう

メディバンペイントを起動しただけでは、新しく絵を描くことはできません。
新しく絵を描き始めるには、キャンバスを作る必要があります。

ここでは、新しいキャンバスを開いて実際に作品を作る準備をするまでの手順を説明します。

新しいキャンバスを作ろう

それでは、新しいキャンバスを作ってみましょう。
メディバンペイントを開くと左側に出てくる「新しいキャンバス」をタップしてください。

メディバンペイント起動時の画面
図. メディバンペイント起動時の画面

「新規作成」を選択すると右側に作成するキャンバスの詳細を決められる画面が出てきます。

新規作成を選択したときに出てくる画面
図. 新規作成を選択したときに出てくる画面

今回は「端末サイズ」でキャンバスを作ってみましょう。
プリセットで「端末サイズ」を選択し、右上にある完了をタップします。

端末サイズのキャンバスが作成された画面
図. 端末サイズのキャンバスが作成された画面

端末サイズのキャンバスができました。

描き始める前に

描き始める前にメインメニューからちょっとした設定をしましょう。

メインメニュ―を選択したときの画面
図. メインメニュ―を選択したときの画面

(1)筆圧感知設定

別売りのスタイラスペンを使うときに筆圧感知をオンにすると筆圧感知モードになります。
接続方法はApple PencilとWacom & Adonitで違います。
お使いのスタイラスペンに該当する接続方法で接続してください。

Wacom & Adonit の接続方法
Apple Pencilの接続の仕方

(2)マルチタッチジェスチャー設定

指を使ったキャンバスコントロール(マルチタッチジェスチャー設定)が可能です。
指を使ってキャンバスの移動や拡大縮小、回転などができます。
また、iPad版メディバンペイントではパネルの左右入れ替えが可能です。

画像の赤枠を右にスワイプすると、カラーメニューとレイヤーメニューの場所を交換できます。

スワイプする場所
図. スワイプする場所
カラーメニューが左に表示されている画面
図. カラーメニューが左に表示されている画面
カラーメニューが右に表示されている画面
図. カラーメニューが右に表示されている画面
自分の使いやすいように設定してみましょう。
設定を終えたらいよいよ作品を描いてみましょう。

ブラシと消しゴムで描いてみよう

ツールバーアイコンにあるブラシツールを選択し、キャンバスに絵を描いてみましょう。

ブラシウィンドウ
図. ブラシウィンドウ

ブラシの種類は上記画像赤枠で囲まれているブラシウィンドウから選択できます。
ブラシウィンドウはブラシツールのツールバーアイコンをタップすると表示されます。

Tips
メニューの表示・非表示
図. メニューの表示・非表示
ツールバーにあるアイコンをタップしたあと赤枠で囲まれているアイコンをタップすると、選択しているツールのメニューの表示・非表示を切り替えることができます。
メニューが表示されている時にツールバーアイコンを再度タップでも非表示にできます。

ブラシの設定を変更する場所
図. ブラシの設定を変更する場所
ブラシの設定画面
図. ブラシの設定画面
ブラシウィンドウの下部にあるブラシ設定、もしくはブラシ横の歯車マークをタップするとブラシのサイズや不透明度を変えることもできます。
いろいろなブラシを試してみてください。

様々なブラシを使ったときの画面
図. 様々なブラシを使ったときの画面
Tipsブラシウィンドウ下部にある「その他」を選択すると「手ぶれ補正」の設定ができます。
直線を引く時など、手ぶれを自動的に補正してくれる機能で、数値が大きいほど描画速度は遅くなりますが補正は強くなります。

描いた絵を消す時はツールバーアイコンにある消しゴムツールを選択します。
消しゴムもブラシと同様にブラシサイズや不透明度を変えることができます。

描いた絵が消しゴムで消されたときの画面
図. 描いた絵が消しゴムで消されたときの画面
Tips
ショートカットバーのブラシと消しゴムを変更できるアイコン
図. ショートカットバーのブラシと消しゴムを変更できるアイコン
画像赤枠で囲んであるショートカットバーのアイコンをタップすると、ブラシと消しゴムを簡単に変更できます。

JA  / EN  / SC  / KO  / ES