今回は文字と図形が重なった部分や、図形同士が重なった部分などの色を変える方法を紹介します。
ロゴ作成や、背景作成に活用できますのでぜひ参考にしてみてください!

 
 

まずは下地となる図形を描き、そのレイヤーの上にテキストで文字を書きます。

 

テキストレイヤーをカラーレイヤーに変換します。
「レイヤー」内の「変換」→「カラーレイヤーに変換」を選択すると、変換することが出来ます。

 

先ほど変換したカラーレイヤーを複製し、画像のレイヤーの下に移動します。


一番上のレイヤーを選択し、「不透明度を保護」「クリッピング」にチェックを入れた状態で、太く設定したペン(500~1000px)で好きな色を塗れば、画像と重なった部分の色変えができます!

 

このように白と黒など反転したカラーを使うと、シンプルながらも完成度の高いロゴを作成することができます。


なお、今回はテキストと図形で紹介しましたが、図形と図形でも同じことが可能です。

こちらは背景などに使用するのがおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。
簡単に出来ますので、ぜひ活用してみたください!