キャラクターを描くとき、肌は重要なパーツです。
透明感ある肌に仕上げることができれば、イラストの魅力もぐっと上がりますよね。

そこで、透明感のある肌の塗り方をご紹介します。
 

顔の塗り方メイキング

ベースレイヤー:顔のベースを塗る

まず、顔のベースを塗ります。

 

レイヤー2:エアブラシでグラデーションをつける

次に、新たにレイヤーを作成して、顔のベースとなるレイヤーにクリッピングします。
さらにレイヤーブレンドを乗算にします。

 

次に少し赤みのある肌色を選び、エアブラシで顔にグラデーションをつけます。

 
ブラシサイズを大きめにして顔全体を大まかに塗ったあとに、光が入る部分を透明カラーで削るのがポイントです。

 

レイヤー2:目の周りに薄い青紫色を入れる

レイヤーを新規作成し、先ほど作成したレイヤー1にそのままクリッピングします。

目の周りは皮膚が薄く、血管の青い色が透きとおって見えます。
そこで、イラストでも目の周りにエアブラシで薄い青紫色を塗ると透明感が出せます。

色が強い場合は不透明度を下げて調整しましょう。

 
▼クリッピングについての詳しい解説記事はこちら▼
クリッピング機能とは
複数のレイヤーにクリッピングする方法

 

レイヤー2:顔のフチを塗る

立体感を出していきます。

新規作成したレイヤーを乗算にします。
顔のベースと同じ色で輪郭線をなぞるように顔のフチをエアブラシで塗っていきましょう。

 
下は分かりやすく色を塗った部分を赤に変えた図です。

 

レイヤー4:青紫色で影を入れる

レイヤー4を新規作成して、薄い青紫色でさらに影を入れます。

 
下の画像では塗ったところを青色で分かりやすく示しています。

 

レイヤー5:明るい色をふちに入れる

最後に顔の輪郭に明るい色を気持ち程度入れます。

 
これで完成です!

 
皆さんも上記を参考に、肌の塗りに挑戦してみてくださいね!