パソコンとペンタブを使って絵を描くときのコツにショートカットキーの設定があります。

ツールの切り替えにショートカットキーを当てておくことで、イラスト制作の作業効率を上げることが可能です。

そこで今回は、Windows版ショートカットキーの設定方法について解説します。

▼Mac版でのショートカット設定についてはこちら▼
【PC】ショートカットキー割り当て設定

 

ショートカット設定を開く

メディバンペイントのショートカットキー設定はファイルメニューから行えます。

 
以下のようなショートカット設定メニューが開きます。

 
ファイルや編集などの各メニューやツールには初期設定として割り振られているショートカットキーもあります。

初期設定のショートカットキーを一通り確認してそのまま使うのもアリです。

 

ショートカットキーを割りふる

それでは今回はブラシにショートカットキーを割りあててみましょう。

 
ショートカットキーを当てたいアクション(今回はブラシ)にカーソルを当ててクリックします。

 
ブラシが青く選択されているのを確認して編集をクリックします。

 
ショートカットキー入力のページが表示されるので、割り当てたいショートカットキーを入力します。

 
「p」を当ててみましょう。入力したキーがほかのショートカットに使われていなければメッセージに「OK」が出ます。

問題なければ右下のOKをクリックしましょう。
取りやめたい場合はキャンセルを押せば大丈夫です。

 
ショートカット設定のページで、ブラシが新しいショートカットキーに変わっているか確認して「OK」を押せば完了です。

 

複数のショートカットキーの割り当て

ショートカットキーは「Shift/Alt/Ctrl+アルファベット」も使えます。

また、「<」「>」「¥」といった記号も使えます。

 
入力したキーがすでにほかのショートカットに使われている場合、重複しているとのメッセージが表示されます。

入力したキーに変えたい場合は「上書きする」を選べばOKです。
上書きしたくない場合はキャンセルしましょう。

 
以上でショートカット設定は完了です。

PC版メディバンペイントを使うときはショートカット設定を行うことをオススメします。

▼あわせて読みたい記事はこちら▼
Windows版ショートカットキー一覧
覚えておくと便利なショートカットキー一覧【Windows版】