メディバンペイントPro(MediBang Paint Pro)の使い方を説明します。

今回は、環境設定の方法について説明します。

メニューの「ファイル」>「環境設定」から、様々な設定ができます。

①マウスホイールの方向

通常は、マウスホイール(一般的なマウスの上部についているローラー状のボタン)を下方向にスクロールするとキャンバスを「拡大」、上方向にスクロールすると「縮小」できます。
「反転」にチェックを入れると、スクロール方向が逆転します。

②回転角度

「ナビゲーターウィンドウ」でキャンバスを回転するときの角度を設定できます。
「90度」「45度」「30度」「15度」から選択できます。

③ドラッグズーム

Windowsでは「Ctrl」+「スペース」、Macでは「Command」+「スペース」を押すと、ポインターが虫眼鏡に変化します。
虫眼鏡状態では、キャンバスをドラッグすることで、キャンバスの表示を「拡大/縮小」できます。
ズーム:固定ズームは、決まった割合で「拡大/縮小」します。
スムーズズームは、ドラッグの速度の加減で割合を調整しながら「拡大/縮小」します。
ドラッグの方向:ズームのためにドラッグする方向を、「上下」か「左右」のどちらかから選択できます。

④ブラシ座標

ブラシの座標を設定できます。
「タブレット座標(絶対座標)を使う」か「マウス座標(相対座標)を使う」を選択でき、「マウス座標を使う」にするとペンタブレットでもマウスモードが使用できます。

⑤筆圧検出

surfacePC(タブレットPC)、プリンストン製ペンタブレットをご利用の場合こちらの設定が反映されます。

⑥編集モード

簡易機能のスタンダードモードか高機能のプロフェッショナルモードを選ぶ項目です。 ※『メディバンペイント』はすべての機能が使えるプロフェッショナルモードで固定されていますので、編集モードを変更することはできません。

⑦アンチエイリアシング

アンチエイリアシングは、線などの境界が背景となじむように処理することです。
チェックを外すと起動時にアンチエイリアシングがオフになり、線の境界がギザギザになります。
滑らかに仕上げたい場合はオン、線をはっきりさせたい場合はオフと使い分けてください。
ツールごとにオン・オフを設定することも可能です。

⑧ナビゲーター

チェックを入れると、ナビゲーターウィンドウに常に回転角バーが表示されるようになります。チェックがない場合はナビゲーターウィンドウにポインターを置くと表示されます。
バーをドラッグすることで、キャンバスの角度を調整できます。

⑨右ボタン

マウスの右クリックにショートカットを登録できます。
「スポイト」、「消しゴム」のどちらかを選べます。

⑩テキスト描画

「OSネイティブを使用する」のオン/オフを選択できます。

⑪パス表示

パス表示(ファイルやフォルダの保存場所の表記を全て表示するもの)のオン/オフを選択する事ができます。

⑫ペンタブレット

HUION製ペンタブレットをお使いの方で不具合が生じた場合こちらをオンにしてください。

⑬ファイルダイアログ

「OSネイティブを使用する」のオン/オフを選択できます。

⑭ジェスチャー

タッチパッド、マルチタッチ機能に対応している場合はジェスチャーのオン/オフを選択する事ができます。

⑮自動バックアップ

「有効にする」にチェックを入れると、設定した時間ごとに絵が自動保存されます。

⑯キーボードサポート

キーボードサポートのアイコンの横のテキスト表示のオン/オフを選択する事ができます。

⑰範囲選択

WindowsではCtrl+レイヤークリック、Macではcommand+レイヤークリック有効のオン/オフを選択する事ができます。