女の子が着るブレザースタイルやセーラー服などの制服を描いてみましょう。

ここでは、女の子の制服を描く場合に布地の質感の違いを線で出すコツと、スカートのプリーツの描き方のコツをご紹介します。

 

1. ブレザーの描き方のコツ

女子の着る一般的なブレザースタイルの上着を描いてみましょう。

<ブレザー基本・正面図>

ブレザーはほどよく厚みのある布地で作られています。
そのため、シャツなど薄い布地の服のようにシワが多くはなりません。
厚みを感じられるように柔らかく丸みのあるラインと直線的な部分のラインを使い分けましょう。

あちこちにシワができるのではなく、肩からわきの部分、ボタン部分などにシワができます。
シワを入れすぎると、ブレザーらしい「かっちり」した感じがなくなるので注意!

身ごろの長さは腰より下になり、腰骨あたりまでのものが一般的です。

 

 

2. セーラー服の描き方のコツ

次に、セーラー襟の上着の描き方です。

<セーラー服基本・正面図>

セーラー服も長袖のものの場合は、おおむねブレザーのようにコシのある少し厚手の布地で作られています。
質感を出せるようにシワを入れすぎないのかポイントです。
身ごろ丈はブレザーより短くなり、腰より少し下ぐらいになります。

 

 

3. プリーツスカートの描き方のコツ

ブレザーやセーラー服と合わせるプリーツスカートの簡単な描き方を紹介します。

スカートは円すい形の上部を切った形で考えましょう。

<プリーツスカートのイメージ>

 

プリーツは、ウエスト部分から均等に布が折りたたまれてぐるりと一周しています。
上から見るとこんなイメージです。

※一般的なプリーツスカートは、プリーツの向きは一方向になっています。
※箱ひだスカートなど、左右対称のひだになるものもあります。

 

プリーツの線を描いたら、裾のところで線をつないで布の重なりを表現します。

 

 

4. 組み合わせてキャラクターに着せてみよう

キャラクターに制服を着せてみましょう。
最初は裸の人体を描いてから服を着せるとバランスが崩れません。

<基本のボディ>

 

<例①:ブレザー+プリーツスカート>

ブレザーの肩幅は、人体の肩幅ぴったりではなくゆとりがあります。
ボタンの2つ目とポケットの高さがだいたい同じくらいになります。
着衣しても細かいシワはできません。

 

<例②:セーラー服長袖(秋冬用)+プリーツスカート>

セーラー服の上着は身丈が短いのでプリーツスカートの腰部分が隠れるくらいになります。
胸元からは布がストンと落ちるイメージで描いてみましょう。
長袖でも布地がハリのあるシャツ素材だと、シワがもっと多く見え、ひらめくような動きが出ます。

このほかにも、セーターやベストを組み合わせるなどバリエーションは様々です。
裸の人体に、それぞれの服の重なりや質感を考えて着せていくとよいでしょう。

 

 

5. まとめ

制服の布地の質感をうまく表すコツと、プリーツスカートの描き方、キャラクターへ着せたときのバランスについて紹介しました。

制服にはデザインや組み合わせがたくさんあります。
いろいろな制服を描くことにチャレンジしてみてくださいね。

胸元のリボンの描き方について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。
リボンの描き方【バレンタイン・クリスマスのプレゼントのイラストにも!】

リボンの描き方【いろいろなリボンを描いてみよう】

スカートやリボンにチェックなどの模様を貼り付けたいときはこちらの記事を参考にしてください。
冬のおしゃれアイテム・マフラーをクラウド素材で描いてみよう!