表面が丸くカットされた宝石の描き方をご紹介します。

①準備

まず初めに、宝石の形をとるのと下塗りをしていきます。
塗りたい宝石の色を決めて選択します。
今回はトパーズなどをイメージしてオレンジ系で塗っていきます。

選択したら塗りつぶしツールで楕円を作っていきます。

設定を「矩形」から「楕円」に設定します。

キャンバスをクリックすると楕円が作れます。
(作ったあとは移動ツールや選択→変形で、楕円を移動したり大きさなどを変えられます)

②影

次は影をつけていきます。
レイヤーを追加して、クリッピングをします。

エアブラシで影をつけていくのでブラシツールのエアブラシを選択します。

下塗りより濃い色でグラデーションになるよう塗っていきます。

更に濃い色でグラデーションになるように塗っていきます。

塗ったら少しきわを消しゴムで消します。

③光を塗る

次は光を描いていきます。
レイヤー追加します。
レイヤーの設定を「加算・発光」にします。

彩度が高く、薄い色で影をつけた反対側にエアブラシでグラデーションになるように塗っていきます。

④映りこみ

次は映りこみらしいものを白色で描いていきます。
レイヤーを追加して「加算・発光」にします。

映り込みを分割させると窓の映り込みっぽくなります。

透明度を下げてなじませます。



レイヤーを追加します。
レイヤーを「ソフトライト」にします。

映り込みを適当に描いていきます。

完成です。

今回は丸い宝石の塗り方についてご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。