今回ご紹介するのは「水彩境界」を使ったちょっと応用テクニックです〜!

応用とは言ってもとても簡単なのぜひ使って見てください!

 

実は、「水彩境界」の線を消すと、消した部分に太い境界線ができます。

 

デジタルだからこその機能ですね!

みなさんもただ間違えたところを消すのではなく、「消す」ことで作品を作って見てはいかがでしょうか?