写真をイラストの背景に使えるように加工する方法をご紹介します。
今回はこちらの写真を加工して怪しい雰囲気にします!

※ここでご紹介する数値を参考に、写真やイラストの雰囲気に合わせて様々な加工をしてみてください!

●色相・彩度・明度

まず、はじめに色相・彩度・明度を変えていきます。
色相を寒色に変え、それを強調するために彩度を上げ、暗い雰囲気を出したいので明度をやや落とします。
(フィルタ → 色相・彩度・明度 → 色相:−160 / 彩度:60 / 明度:−20)

●色収差/RGBずらし

色収差/RGBずらしを使って、怪しさとイラストっぽさを出します。
(フィルタ → 色収差/RGBずらし → X:10 / Y:-10)

●トーンカーブ

さらに暗さと光のコントラストが欲しいので、トーンカーブを下記のように調整し完成です!
※トーンカーブはPCでは無料、iphone/iPad/Androidでご利用いただくには「広告非表示アドオン」をご購入いただく必要があります。

▼トーンカーブについての過去の記事
【iOS】トーンカーブの使い方
【Android】トーンカーブの使い方