今回は「グリザイユ画法でイラストメイキングの中編」です。

前編はラフから清書までを行いました。

 

今回は人物の着彩を行います。

 

陰影の調整

グリザイユ画法で着色するため、人物の陰影を整えていきます。

▼グリザイユ画法についての解説はこちら▼
グリザイユ画法のやり方

人物の着色に入る前に、作業しやすいように、人物の線画レイヤーと透過防止のレイヤーをフォルダにまとめておきましょう。

 

線画レイヤーのレイヤーブレンドを乗算に変えます。

 

さらに線画レイヤーを下地レイヤーにクリッピングします。

 

先に線画レイヤーでバラの濃淡を調整します。

 

影用のレイヤーを新規作成し、下地レイヤーにクリッピングします。

 

背景の窓から光が入ってきているのを意識しながら、人物の影をモノトーンでつけていきます。

 

この時、白と黒を使わないようにするとまとまりがよくなります。

 

下準備ができました。

次は着彩に入ります。

 

 

着色

次に線画の上に新規レイヤーを作成し、レイヤーブレンドをオーバーレイにします。

 

薄い茶色で塗りつぶします。

 

さらにオーバーレイのレイヤーを新規作成し、肌色を一括で塗ります。

 

肌色を置いたら各パーツの色を置いていきます。

 

通常レイヤーに戻すとこのような色の置き方をしています。

 

最後に通常レイヤーを作成し、細部を描き込みます。

これで人物の色は塗れました。

屋内の影と窓からの光を入れる必要がありますが、こちらは背景の色を塗ってから調整していきます。

中編は以上です。

 

後編では背景の着色と仕上げに入ります。