スカートを立体的に描くのが苦手というお悩みありませんか?

立体感のあるスカートは輪っかを意識するのがポイントです。

そこで今回は立体感のあるスカートを描くコツをご紹介します。

 

裾の輪っかをイメージしよう

正面から見たスカートは下の画像のようにやや平面的です。

 

スカートの立体感を出すコツは、奥行きの輪の部分を意識すること。

スカートの構造を理解しておくと立体的に描きやすくなります。

 

胴と裾の輪っかをアタリで描いておきましょう。

 

また、アオリ(下から見た)構図でのスカートは後ろ側の裾を意識すると奥行きが表現できます。

 

さらにプリーツやフリルなどのひだを作ることで、より立体的な造形を作り出せます。

 

それでは上記のことをふまえつつスカートを描いてみましょう。

 

 

立体感のあるスカートの描き方

コツ1:輪っかのアタリを描く

下描きのときにスカートの裾をアタリとして描いておくと構造がつかみやすくなります。

 

コツ2:裾のひらひらをアタリで描く

次に裾の線を下描きで描きます。

 

コツ3:ひだの折れ線を描く

ひだの折れ線を加えます。

 

下描きができたら線入れをしていきましょう。

 

さらに細かいシワを入れると布独特のやわらかさが出ます。

 

これでスカートの完成です。

 

スカートにはプリーツやフリルなどさまざまなデザインの形状をしたものがあります。

ひだやしわがどうなっているか、実物や参考写真などを観察してみるのがオススメです。

 

ぜひ皆さんも立体感のあるスカートに挑戦してみてください!

▼あわせて読みたい参考記事はこちら▼
フリルの描き方