今回は、衣装や装飾品に不可欠の、フリルの描き方をご紹介いたします!

ぜひ参考にしてみてください。

上の画像を参照しながら、描き方を見ていきましょう。

 

1.手前のフリル

 

フリルの端が手前に来る場合の描き方です。

 
まず、布地に対して同じ弧を描くように下書きをします。

下描きに沿って、図のような波線の横①を描きます。

破線に蓋をするように、横②を描きます。

横①と横②を繋げるように、横③を描いてください。

次に、横①の端に沿って、布地に向かって絞るように縦①を描きます。

フリルの裏側を描きます。
横②の端から縦②を描いてください。

根元にしわを描いて、立体感を出しましょう。

 

2.奥のフリル

 

フリルの端が奥になる場合の描き方です。

 
手前の場合と同じように、下書きをします。

横①を描きます。
この時、破線の隙間を気持ち狭くしましょう。

 
今回は先に、縦①を描きます。

 
次に横②を描きますが、この線は下書きよりもほんの少し内側に。

 
同じようにしわで立体感を出せば完成です。

 

3.円にフリルを付ける

 
円に付ける場合は、横から見たフリルを描く必要があります。

 
まずは同じように、下書きを描きます。
手前の幅を少し狭くすると、リアリティが出ます。

手前のフリル、奥のフリルをそれぞれの描き方で描きます。
縦①は中心に向かうように工夫してください。

隙間の部分に、折り重なるように横①を描きます。

横①の上だけに、縦①を引いてください。
この時も中心に向かうように意識します。

縦①の端と端を繋ぐ横②を描きます。
これでフリルが折り返されている部分が表現できます。

フリルの裏側を描きます。
横①の下端から縦②を描いてください。

しわを描いて完成です。
必要に応じて手直しをして、フリルの膨らみを出すとより◎!

 

4.応用編

 
もっと簡単な描き方として、単純な波線から描く方法もあります。

 
こちらは少しふんわりしたフリルになります。

波線をシャープにすると、きっちりとしたフリルになります。

 

いかがでしたか?

慣れてくれば、風で波打っているような複雑なフリルや、長さのあるフリルなども
描けるようになってきます。

たくさん書いて、いろいろな場面に応用していきましょう!