今回は涙袋の描き方をご紹介します。

涙袋の形となる線を描いていきます。
肌の影色を選択し、涙袋のふくらみを意識しながら細めの線で描きます。

 

細めに設定したぼかしブラシで、先ほど描いた線の下側と端をぼかします。
このとき線の上側までぼかすと全体がぼやけてしまうので、極力上側はぼかさないようにしましょう。
次に新規レイヤーを作成し、線の内側(少しはみ出るくらい)をエアブラシで塗ります。

 

不透明度を調整して肌の色と馴染むよう少し色を薄くします。
新規レイヤーを作成し、肌色のエアブラシで涙袋の上側、目頭~中央部をさっとなぞるように色をのせます。

 

白色のエアブラシで、瞳下の涙袋が一番膨らんだ部分にさっと色をのせ艶を足します。
不透明度を調整して全体が馴染んだら完成です。

いかがでしたでしょうか。
厚塗りなどで透明感のある目を描くときは涙袋が欠かせません。
ぜひ挑戦してみてください。