様々な絵師さんたちが使用しているipad。
どこでも気軽に絵を描くことができる人気のお絵描きツールの一つです。

ipadを取り入れるときに気になるのが、「ipadでイラストを描くのに必要なもの」です。
ipad以外に必要なものがわかると、ipadでイラストを描くときに全体でどれくらいの金額が必要なのかがわかります。

そこで今回は、ipadでイラストを描くときに必要なものをご紹介したいと思います。

1.ipadで絵を描くのに必要なものは?

ipadでイラストを描くときに最低限必要なのは、ipadです。
指でイラストを描くタイプの方は、ipadがあればすぐにイラストを描くことができます。

ただ、スタイラスペンや画面保護フィルムなど、あった方がイラストを描きやすいというものもあります。
私はこれまでに約3年間ipadやipad proを使ってイラストを描いてきたのですが、その間に必要だなと感じたものがいくつかあるので、ご紹介していきたいと思います。

こちらは、現在ipadで絵を描くときに、私が使っているものです。

①イラストアプリ

ipadで絵を描くときに必要なものは、イラストアプリです。
APPストアにはイラストアプリがたくさんあるので、まずはメディバンペイント など無料のものから試してみるといいと思います。

②ipad対応のペン

ipad対応のペンは、必ずしも必要ではありませんが、あった方がいいと思います。

ipadはiphone同様指で描くこともできるのですが、細かい部分などを描くのが難しいので、初めてデジタルイラストを描く方や、細部までイラストを描きたい方はペンを用意した方がいいと思います。

おすすめは筆圧感知してくれるApple penですが、第1世代が約11,000円、第2世代になると約15,000円なので、一度に揃えるのが難しいということもあるかもしれません。

筆圧感知はできないため書き味は違いますが、ネットショップで3,000円くらいからスタイラスペンが販売されているので、最初はそちらを試してみてもいいかもしれませんね。

③ペーパーライクフィルム

アナログのような描き心地を求める方におすすめなのが、ペーパーライクフィルムです。
ペーパーライクフィルムというのは、ipadの画面に貼る透明のフィルムのことです。

ipadの画面はガラスなので基本的にツルツルしていてペンが滑りやすいのですが、ペーパーライクフィルムは表面がざらざらしているので適度に滑りをなくして、紙のような描き心地にしてくれます。

ペーパーライクフィルムはいろいろな種類があり、ざらざら感が強いものほどペン先が削れやすくなります。
ペン先の寿命が短くなってしまうのを防ぐには、ざらざらを抑えた「ケント紙」タイプがおすすめです。
描き心地の紙っぽさも減りますが、その分ペン先の摩耗も減らしてくれます。

④ipadスタンド

下を向いて絵を描いていると、頭の重さを首や肩で支えないといけないので、首や肩が凝りやすくなります。
私の場合、ipadのキーボードをスタンドとして使っていたのですが、こちらは角度が急すぎてイラストを描くには合いませんでした。

そこで購入したのが、100円均一の多段スライド式スタンドです。
本来は本を開いて立てたりするものだと思うのですが、ipadを載せると私にあった角度になりました。

スタンドもいろいろな種類があり、値段もピンからキリまであります。
まず最初はお手頃なものを試してみて、自分にあった角度や形がわかってきたらしっかりしたものを探してみてもいいかもしれませんね。

2.まとめ

ipadを使ってイラストを描いているうちに、だんだん自分にとって必要だなと感じるものが出てくると思います。
気になるものから少しずつ揃えていって、ぜひ快適なお絵描き環境に整えてみてくださいね。

(文・絵/sakaki)