「もっと絵が上手くなりたい!」と思った時、まずは基本に立ち返りましょう!

女の子を描くのは得意だけどおじさんは描けない…キャラの描き分けが出来ない。
同じ角度の顔しか描けない…そんな悩みはありませんか?

まずは土台の部分から見直してみるとクオリティUPの近道になるかもしれません。

ここでは顔を描く上での基本を紹介していきたいと思います!

まずは平均的な顔の描き方

まずは丸と四角を組み合わせたアタリを描きます。

縦幅の比率は目安です。

目の位置は頭頂から顎にかけてのラインを二等分したところ。
これはどんな顔型でも共通して同じくらいの位置です。

目から顎にかけての幅を変えてみましょう。

幅が短くなると幼く見え、長くなると大人っぽく見えます。

パーツは同じなのにこれだけで顔の雰囲気が変わりますね。

ちなみに、小さな子供は目から顎にかけての幅を短くして下の方にパーツを集めたり、黒目を大きく、目以外の顔のパーツを小さく描くようにするとより子供らしさを表現することが出来ます。