色選びはイラストの印象を大きく左右するのでとても大切な作業です。
色が浮いてしまって統一感がなくなってしまう…。なんていう方にオススメの記事です!

色の基礎知識


彩度とは、色の鮮やかさの事を指します。
彩度が高いほど派手な色に。
低いほどやさしい色合いや地味な色合いになります。


明度とは、色の明るさのことを指します。
明度が高いほど明るく、低いほど暗い色になります。


色相とは、彩度や明度は関係なく、赤み、青み、黄色みなど、色の種類を指すときに使う言葉です。

この3つの用語はイラストの色選びをしていく上での基礎知識なので覚えておきましょう!

 

色の種類について


色は大きく分けて、赤系の色のことを暖色。
青系の色のことを寒色。
赤系の色から青系の色までの間の色(紫や緑)のことを中性色といいます。

 

色が持つ印象について


色にはそれぞれ、色が持つ印象というものがあります。
赤は「元気・情熱的・攻撃的」
青は「爽やか・冷静・冷たい」
など、色によって人に与える印象が変わってきます。
与える印象を意識しながら配色を考えるとイラストのクオリティがぐっと上がります。

 

色の調子(トーン)について


色そのものが持つ印象というものがありましたが、それ以外にも色のトーンによっても与える印象が変わってきます。
例えば元気な印象を与えたかったら、ビビッドトーンやブライトトーンなどの彩度と明度が高めの色を使うと良いという感じに、トーンによっても与える印象が違ってくることを覚えておきましょう!

上記を踏まえて、メディバンのカラーウィンドウで見てみよう!


 

1.まずは描きたい絵の雰囲気から、メインカラーを決めよう!

どんな雰囲気のイラストを描きたいか、イメージしながらメインカラーを決めていきましょう!
温かい雰囲気のイラストにしたいなら、暖色系。
冷たい雰囲気にしたければ、寒色系の色を選ぶなど。
出したい雰囲気を考えながら決めていきましょう!
下のイラストはラムネをテーマに描いたものです。
涼しげで可愛らしい雰囲気にしたかったので、メインカラーは彩度低めの水色にしています。

 

2.サブカラーとアクセントカラーを決めよう!

次にサブカラーとアクセントカラーを決めていきましょう。
サブカラーはメインカラーと似た色を使うとまとまった印象を持たせ、異なる色を使うと、イラスト全体に動きを持たせることができます。
アクセントカラーはイラスト全体を引き締めたり、イラストの目を引く役割を持っています。

 

色選びのポイント!

1.同系色から選ぶ
カラーサークルの色相で見たとき、メインカラーと隣り合った色を選ぶことで、まとまりのある配色にすることができます。

2.補色から選ぶ
補色とは、カラーサークルの色相で見たときに、正反対に位置する色のことです。
補色を選ぶことによって、メインカラーを際立たせ、イラスト全体を引き締めることができます。

3.無彩色から選ぶ
無彩色とは、色味を持たない黒や白、灰色を指します。
白はイラスト全体を落ち着かせ、黒はイラスト全体を引き締める効果があります。

 

配色の注意点

1.使う色は3色程度
使う色は、3色(多くても5色)程度にしておきましょう!
彩度の高い色を使いすぎると見せたい部分が分かりずらくなり、色んな色を使いすぎるとまとまりのないイラストになってしまい、色の管理が難しくなります。
使う色を3色決めたら、あとはメインカラー・サブラカー・アクセントカラーに似た色や、彩度を落とした色を選んで配色していきましょう!

2.メインカラー、サブカラー、アクセントカラーの割合を考えて配色しましょう!
カラーの割合は、メインカラー70%、サブカラー25%、アクセントカラー5%で配色することによってまとまりの良いイラストになります。

サブカラーが2色ある場合は、サブカラーを以下のように分割します

3.実際に配色してみよう!
今回は、「ラムネ」をテーマに、涼しげで可愛いイラストを目指して配色してみました。

メインカラーは涼しげで可愛らしい雰囲気を出したかったので、明度が高く、彩度の低い水色を使います。
サブカラーは、同系色の青と、清涼感を出したいので白も使います。
アクセントカラーは、補色に近い黄色を使っていきます。

メインカラーの水色は一番広い部分に使いたいので背景に使います。
サブカラーである濃い目の水色はラムネ瓶に配色し、白は泡と洋服に配色しました。
同系色の濃い青は人物とスカートに使いました。
背景が明るい色なので、人物に目が行くと思います。

アクセントカラーの黄色はワンポイントで入れたかったので人の目やネイル、服の裏地など 細かい部分にちょこっと使っています。

大まかな配色が終わり、あとは影などを描き込めば完成です!

配色を気にすることで、まとまりのあるイラストを描くことができます。
他にもイラストのテーマの雰囲気を伝える役割も持っているので、クオリティも格段に上がります!
ぜひ配色を気にしてイラストを描いてみてください!

(文・絵/重諭 shigehiro)
HP   https://shigehiros.com
pixiv   https://www.pixiv.net/users/49461898
Twitter  https://twitter.com/_shigehiro
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCJCtsSFtfMTdikDSDNJQtgA