今回はトーンの基本的な使い方をご紹介します!

いくつか方法を紹介するので、初めてトーンを使う方以外にも「こういう使い方もあるのか~!」と思っていただければ幸いです!

今回はPCのメディバンペイントを使用しますが、同じことはAndroid、iOS端末でも可能です。

 

トーンを貼るには

(※クラウド素材のトーンを使用するにはログインが必要です)

先に「選択範囲」でトーンを貼る範囲を指定してからトーンを貼る方法です。

今回はこのコマに服のトーンを貼っていきます。

 

1レイヤーを新規作成する

 

 

2範囲を選択する

 

トーンを貼りたい範囲を範囲選択ツールで選択します。

 

3素材パネルを開き、トーンを選ぶ

トーンはクラウド素材からダウンロードできます。

詳しくはコチラ

 

4トーンを貼る

最後に角度やサイズを選んで「OK」をクリックすれば完了です。

 

 

トーンをイラストに合わせる

トーンは削ることが可能です。

はみ出してしまったところ、不要なところ、ハイライトなどは削りましょう。

ここではトーンを削る方法を2つご紹介します。

 

方法1:「消しゴム」

トーンは消しゴムで削ることができます。

方法2:ブラシの「透明色」

ブラシを「透明色」に設定するとブラシで設定でトーンを削ることができます。

「透明色」を使ったトーンの削り方について詳しくはコチラ

 

 

トーンを消したい

一度貼ったトーンを消すにもいくつかの方法があります。

 

消しゴム

トーンを削るのと同じ要領でトーンを消すことができます。

 

レイヤークリア

トーンのレイヤーを選択し、「レイヤークリア」を行えば一気に選択しているレイヤー上のトーンを消すことが可能です。

全てのトーンを同じレイヤーに貼っていると、全てのトーンが一気に消えてしまうのでお気をつけください。

 

選択範囲クリア

選択範囲ツールでトーンの消したい範囲を選択します。

そのままレイヤークリアを行えば選択した範囲のトーンのみが消されます。

 

 

トーンを重ねて使いたい

トーンは重ねて使用することも可能です。

同じレイヤーに重ねて貼ることも出来ます。

ただし、モアレしやすくなるので注意が必要です。

 

 

8bitレイヤーでトーンを塗る

「8bitレイヤー」を使用することでトーンを塗ることもできます。

トーンに濃淡をつけたり、トーンの種類を簡単に変更できるのが特徴です。

詳しくはコチラ