キャラクターの命といえば、目のほかにも髪の毛がありますよね。

そこで誰でも簡単に、キレイにできる髪の毛の塗り方についてご紹介します!

今回はPC Win版で作業していますが、PC Mac、iPad、Android、iPhoneどれでも同じように描けます。

下準備

今回準備した下絵がこちらです。

主線を鉛筆ツール(レイヤーの不透明度を90%)にして、下塗りを済ませたところです。

ここから髪の毛だけ色を入れていきます。
今回は髪の毛のベースのレイヤーに新規レイヤーをクリッピングでどんどん重ねる方法で色塗りを行いました。

▼クリッピングについてはこちら
【PC】ラクにはみ出さずに塗る方法

それでは新規レイヤーを作成してクリッピングしましょう。

顔周りの髪の毛部分をエアブラシで肌と同じ色に塗ります。
こうすることで、あとから髪の毛の色を塗り重ねたときに透明感を出すことが可能ですよ!

さらに新規レイヤーをクリッピングし、エアブラシで明るい茶色とベースの色とのグラデーションを作ります。

ここでは不透明度を下げて色味を調整しています。

乗算レイヤーで髪の毛を塗る

次に新規レイヤーを作成し、レイヤーブレンドを「乗算」にします。

この段階から水彩(四角)ブラシを使っていきます。

赤茶色の髪にしたかったので、赤~赤紫寄りの色で塗りました。
色が濃すぎたら不透明度を下げて色味を調整するようにしましょう。

この作業をもう一回繰り返します。
ここでは青紫系統の色に水彩(四角)ブラシで塗りました。

頭の形を意識して塗るのがポイントです。

レイヤーブレンドを乗算にして新規レイヤーを重ね、不透明度を調整することで奥行きのある描写ができるようになりますよ。

スクリーンレイヤーで奥行きを出す

次にレイヤーブレンドを「スクリーン」にして新規作成し、クリッピングします。

首周りの髪の毛をエアブラシで明るい青に塗ります。

淡い青を入れることで奥行きや空気感を表現できますよ。

光を入れる

次に光を入れていきましょう。

新規レイヤーのブレンドを「加算・発光」にします。

髪のベースレイヤーにクリッピングしたら黄色系統の色で光を入れましょう。

仕上げに主線を茶色系統の色に変えれば髪の毛は完成です!

主線の色は主線レイヤーの「透明度を保護」して任意の色で「塗りつぶし」をしました。

▼合わせて読みたい主線の色の変え方
透明度を保護」して主線の色を変えてみよう!

これで髪の毛が仕上がりました。

今回はエアブラシと水彩ブラシを使いましたが、皆さんもお好みのブラシでいろんな塗り方を試してみてくださいね!