今回は空白部分を一気に色塗りできるバケツールをより使いやすくする機能を紹介します。

使いこなせると時短にも繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

拡張機能を使う

まず、目の白目を塗ってしまわないようにあらかじめペンツールで目を囲むように塗っています。
なお、色の差が分かりやすいように濃い色で塗っております。

 
この状態でバケツ塗りを行うと、このように線と色との間に隙間が発生してしまいます。

 
そんなときに使用するのがこちらの拡張機能です。

バケツツールを選択すると画面上部に表示されます。

この数値を増やすことで、通常塗られる範囲よりも広く塗ることができます。

 
今回は数値を「2」に変更して塗ってみましたが、線と色との隙間が出来ることなく塗りつぶすことができました。

▼拡張についてはこちら
「拡張」を使いこなそう!

 

隙間閉じ機能を使う

もしも線と線との間に隙間があった場合、バケツツールで色を塗るとこのように色が漏れてしまうことがあります。

 
そんなときに便利なのが、この隙間閉じ機能です。
名前の通り、多少の隙間を感知しないようにする機能です。

 
前髪の小さな隙間、髪と肌の線との隙間などと細かい隙間がありましたが、この機能を使用したことで、隙間から色が漏れてしまうことがなくなりました。

▼隙間閉じについてはこちら
「隙間とじ」のトリセツ

 
基本的にバケツで色を塗る際は上記の2つの機能を一緒に使うのがおすすめです!

 

色を塗る場所をレイヤーとキャンバスで選ぶ

バケツ塗りをする際、キャンバスに塗るのかレイヤーに塗るのか選択することができます。

「参照」から変更することができます。

 
参照「キャンバス」では、画面どおりに見たままの空白部分を塗りつぶします。
まつ毛の部分を塗りたいのですが、他の線に邪魔されて一気に塗ることができません。

 
「レイヤー」を選択すると、選択したレイヤー以外の線を無視して、そのレイヤーに描かれているもののみの空白部分を塗ることができます。

 
その他、「許容値」では数値を大きくすると多少色が違う箇所でも塗ってくれるようになります。
アナログの線画をカメラで取り込んだときやノイズの乗ってしまった線画を塗る際に便利な機能です。

▼許容値についてはこちら
バケツ塗りで許容値を設定する

 
いかがでしたでしょうか。

このように色を塗れる範囲を変えることで、バケツツールがぐっと使いやすくなります。
ぜひ使いこなしてみましょう!