今回は透明感ある目の描き方をご紹介します。

以下の画像で瞳を塗りこんでいきます。

 

瞳のベース色を塗る

まず瞳の色のベースを塗ります。今回は茶系の色で瞳を描きます。

 

レイヤー1:瞳の内部を塗る

レイヤーを新規作成し、先ほどのベースの色より濃い色で瞳孔と瞳のフチを塗ります。

 

レイヤー2:影入れ

続いて新規作成したレイヤーのブレンドを乗算にします。

淡い紫色でまぶたの下の影と瞳孔を塗ります。

瞳の内部はレイヤー1で塗った瞳と同じ色で影を入れると陰影がはっきりします。

さらに瞳孔の真ん中を消しゴムで丸く消し、ぼかしブラシでなじませます。

 

レイヤー3:反射光を入れる

今度は濃くて淡い紫色で反射光を入れます。

透明色を活用して塗ったり消したりしながら反射光の形を整えましょう。

レイヤー3のレイヤーブレンドは通常のままで構いません。

すこし色味が強いので不透明度を55%に下げました。

 

レイヤー4:オーバーレイで赤味を入れる

新規作成したレイヤーのブレンドをオーバーレイにして、赤色を瞳の下に入れます。

不透明度を下げて色を調整します。

 

レイヤー5:ハイライトを入れる

白色でハイライトを入れます。

 

レイヤー6:光を入れる

最後の仕上げとして、新規作成したレイヤーのブレンドを加算・発光にします。

黄色の明るめの色を選び、エアブラシで瞳の下半分にふんわりと色を入れていきます。

これで完成です。

瞳の色の塗り方に迷ったら、ぜひ試してみてくださいね!