今回は簡単にネオンを描ける方法をご紹介します。

 

ネオンにしたい文字やイラストを描きます。

描いたレイヤーはすべて結合して一つのレイヤーにしておきます。
テキストツールを使用した場合はカラーレイヤーに変換してから結合しましょう。

 

元絵をコピーします。

コピーしたレイヤー(コピー①)の透明度を保護して白色に塗りつぶし、レイヤーブレンドを「加算・発光」に変更します。

 

元絵のレイヤーに「フィルタ」タブ内の「ガウスぼかし」をかけます。

数値は15~20程度がおすすめです。
今回は20でかけています。

 

発光感を強めるため、ぼかした元絵をコピーします(コピー②)。

 

コピー①に「ガウスぼかし」を数値1でかけ、完成です。

 

光をもっと強くしたい場合は、コピー①をさらに複製し(コピー③)、元絵とコピー②の間に入れてガウスぼかしを数値5でかけます。

 

その他、図形ブラシツールと組み合わせて看板背景を作ったり、不透明度を調整してペンライト、ロゴや背景を描くこともできます。

 

ネオンは看板背景やアイドル小物、発光エフェクトなど光る系の表現に活用できます。
知っていると便利な表現ですので、ぜひ挑戦してみましょう。