今回は前回紹介した【ポイント】カートゥーン調キャラクターの立ち方【くの字】に引き続き、カートゥーン調のイラストによく見られる立ち方をご紹介します!

カートゥーン調のイラストを描く際の参考にしてくださいね♪

 

あたりをとる

まずは大まかなあたりをとるために薄めの色でざっくりとキャラクターの形を描いていきます。

“逆くの字”の立ち方の場合は、「頭&体と足」のイメージで角度をつけると背筋の伸びた立ち姿に見えますよ!

重心を中心よりも上にし、足を長く描くことでカートゥーンらしさが出ます。

 

線画を描く

大まかなあたりや下描きが完成したら上から線画を描いていきます。

体全体のバランスを見ながら線画を描いていきましょう。

インパクトを強めたい場合は体よりも頭を大きく描くとおすすめです◎

 

意識すること

逆くの字の立ち方を描く際のポイントは

・下半身は直線的に
・足は大きく
・重心は上の方
・胴体よりも脚を長く

です♪

逆くの字の立ち方で描かれるキャラクターは元気な印象や威勢がいいキャラクターに使えます。

体つきや髪型を変えれば女の子でも可愛く描くことができますよ!

 

まとめ

今回は「逆くの字」の立ち方をしたキャラクターの描き方をご紹介しました!

同じキャラクターでも立ち方や関節の表現の仕方で印象が大きく変わるので、キャラクターに与えたい印象によって使い分けてみましょう。

今回の記事がカートゥーン調のイラストを描く方の参考になれば幸いです!