レイヤーをぼかしてくれる機能「ガウスぼかし」。

背景や前景に使用することで人物を目立たせたり、遠近感や立体感を表現することができます。

ガウスぼかしを紹介した記事はこちらにもあります。
こちらも併せて活用してみてください。
「ガウスぼかし」を使ってみよう!

 

人物のレイヤーの下に新規レイヤーを作成し、背景を描きます。
今回はグラデーションドットブラシを使って描きました。

 

「フィルタ」内の「ガウスぼかし」を選択します。

 

数値を設定するウィンドウが表示されるので、好みのぼかし具合になるよう調節すれば完成です。

 

また、人物のレイヤーの上に前景を描き、ガウスぼかしをかけることで人物にピントが合ったような遠近感を立体感を表現することができます。

 
なお、凝った背景を描いた場合などでガウスぼかしをかけていない状態のレイヤーを残しておきたい時は、必ずレイヤーを複製してからガウスぼかしを行ってください。

 
イラストが少し物足りないな?というときにも使うのもおすすめなガウスぼかし。

ぜひ活用してみましょう!