バレンタインデーイラストの後半です。

前回は下描きから線画まで終わらせました。

 

後編は色を塗っていきましょう。

 

女の子の着色

まず、女の子から色を塗っていきます。

肌、髪の毛、服ごとにレイヤーを分けてベースの色を置きます。

ベースの色はバケツツールや自動選択ツールを使って効率よく塗りましょう。

▼バケツツールについての記事はこちら▼
バケツツールを使いこなそう!隙間や漏れが出来ない方法

 

ベースが塗れたら、影を塗ります。

服のベースレイヤーの上に新規レイヤーを作成してクリッピングし、レイヤーブレンドを乗算にしましょう。

ブラシの「もこもこ水彩3」を使ってテクスチャっぽく塗ります。

▼もこもこ水彩3ブラシ▼
https://medibangpaint.com/cloud_brush/mb020123/

 

さらに新規レイヤーを作成して先ほど作成したレイヤーにクリッピングします。
レイヤーブレンドも同じく乗算にしましょう。

▼合わせて読みたいクリッピングについての記事はこちら▼
複数のレイヤーにクリッピングする方法

これ以降、主に水彩ブラシや水彩ブラシ(ウェット)を使って影を入れていきます。

影の境目を少し濃く入れると表現の幅が広がります。

 

さらに新規レイヤーを作成して下のレイヤーにクリッピングします。

レイヤーブレンドはスクリーンにしましょう。

濃い目の青色で奥行きを出します。

 

スクリーンレイヤーで塗るところを分かりやすく黄色で示してみました。

右腕部分とスカートの裏地部分を塗っています。

▼レイヤーブレンドについての記事はこちら▼
レイヤーブレンド

 
これで服部分が塗れました。

 

同様の手順でほかのパーツも塗っていきます。

▼肌の塗りについての記事はこちら▼
透明感のある肌の塗りメイキング

▼髪の塗り方についてはこちら▼
水彩ブラシで髪の毛を塗ろう!

 
これで女の子は完成です。

 

 

男の子の着色

次は男の子です。

女の子の場合と同じようにベースとなる色をパーツごとに塗り分けます。

 

ベースレイヤーに新規レイヤーをクリッピングし、レイヤーブレンドを乗算レイヤーにして影を塗ります。

 

これで男の子も完成です。

 
最後に背景の色を入れましょう。

 

 

背景の着色

 

背景のお菓子の模様や影を入れます。

 

タグのなかに文字を入れます。

また、テクスチャとしてカケ網A-1をクリッピングしています。

 

最後に壁の模様を入れていきます。

 

クラウド素材を使って壁に模様を入れます。

選択ツールの矩形で壁の模様を入れたい部分を選択。

 

新規レイヤーを作成してクラウド素材から「トリコロール模様2(小)」を貼りつけます。

▼トリコロールのクラウド素材▼
https://medibangpaint.com/material/?search-word=%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

 

このままだと背景のテクスチャと人物の見分けがつきにくくなります。

 

そこで背景と人物の間に新規レイヤーを作り、レイヤーブレンドをスクリーンにして軽く人物周りを明るくします。

 

次に左右側面の壁を選択ツールで囲みます。

このとき、選択ツールは多角形を選ぶと楽に囲めます。

 

同じようにクラウド素材のテクスチャを貼りつけます。

 

最後に背景を統合してレンズぼかしをかけて完成です。

▼レンズぼかしの記事はこちら▼
レンズぼかしの使い方

 

皆さんもぜひバレンタインデーイラストに挑戦してみてくださいね。