今回は、デフォルメ風のいろんな種類のキャンディ(飴)の描き方をご紹介します。
ハロウィンやバレンタインなどイベントのイラストにも活用できますので、ぜひご参考ください。

 

キャンディ包み

下書き

丸を先に描いてから片方のリボンを描きます。
左右対称に描くのは難しいので、片方のリボンを描いたら投げ縄ツールで範囲選択をして、コピーしたら左右反転をして反対側に移動します。

清書

下書きの不透明度を下げ、新規レイヤーを作成し大まかに丸を描きます。
メッシュ変形できれいな丸になるよう形を整えます。

 

新規レイヤーで片方のリボンを描き、下書きと同じようにコピーして左右反転し反対側に移動します。

 

色を塗っていきます。
下地となる色を全体に塗ります。
新規レイヤーを作成し下地色のレイヤーにクリッピングします。
太めのブラシでストライプになるようななめに線を描きます。

 

線の色を変えて完成です。
いろんな模様を描いてみましょう。

 

ロリポップ

下書き

丸を描き、その上に丸の横が少しはみ出すくらいの長方形を描きます。
下に棒を描きます。

 

清書

外枠を描き、棒を描きます。

 

色を塗り線の色を変えて完成です。

 

ペロペロキャンディ

下書き

うずまきを描きます。
一筆できれいに描くのは難しいので、中心から少しずつ描いていきます。
最後の巻き終わりは下にします。
歪んでしまった部分は範囲選択して自由変形やメッシュ変形を使って調整しましょう。

 

うずまきの中に模様を描き、下に棒を描きます。

 

清書

下書きと同様に歪んだ部分を変形機能で調整しながらうずまきを描いていきます。

 

うずまきを描いたレイヤーの下に新規レイヤーを作成し模様を描き、棒を描きます。

 

色を塗り、線画の色も塗り替えて完成です。