MediBang Pro

Tutorial

FAQ

ブレンドモード

MediBang Proのデフォルトのレイヤーブレンドは「通常」または「不透明」なので、その下のレイヤーを完全に覆います。

ただし、MediBang Proには数種類のレイヤーブレンドがあり、異なるレイヤー上のアートを面白い方法で相互作用させ、あらゆる種類の視覚効果を得ることができます。

インターフェース

レイヤーブレンド のリストを開いて、指でタップしてカラー オプションをプレビューします。

レイヤーブレンドの変更

レイヤーパネルを開いたら、アクティブレイヤーの右側にある「通常」という単語をタップして、レイヤーブレンドリストを開きます。 強調表示された単語は、レイヤー上でどのタイプのレイヤーブレンドがアクティブになっているかを示します。 通常がデフォルトです。

レイヤーブレンドメニュー

レイヤーブレンドメニューには2つの要素があります。ブレンドの名前と不透明度スライダーです。

ブレンドモードの名前をタップすると、他の種類のブレンドモードのリストが表示され、選択できます。

さまざまな名前をタップして、レイヤーに適用したときにどのように見えるかをプレビューします。 リストの外側をタップしてリストを閉じます。

不透明度

レイヤーの不透明度は、レイヤーの透明度を表します。

MediBang Pro の通常モードでは、不透明度100%は、レイヤーが下のレイヤー上のすべてのオブジェクトを非表示にすることを意味します。 ただし、他のブレンドモードでは、不透明度は色、暗さ、光などの強度に影響を与える可能性があります。

スライダーを左に動かすとレイヤーの透明度が上がり、右に動かすとレイヤーの不透明度が高くなります。

レイヤーブレンドの種類

MediBang Proの多くのレイヤーブレンドを使用して視覚効果を試してください。

乗算

「乗算」は、ベース カラーの明度をブレンドカラーで乗算します。 基本的に、レイヤーを乗算すると、アートに暗く、より強烈な効果を作成するのに役立ちます。 特に影を作成する場合に便利です。

加算(発光)

「加算(発光)」は、すべての明るくするブレンド モードの中で最も強力な明るくする効果を作成します。 カラー情報に基づいてチャンネルのベースカラーを明るくし、ブレンドカラーを反映してレイヤー上の明るさを高めます。

除算

「除算」は、チャネル内のカラー情報を調べて、ブレンドカラーをベースカラーから分割します。

オーバーレイ

「オーバーレイ」は、乗算レイヤーとスクリーンレイヤーを組み合わせたような機能です。 その目的は、レイヤー内の中間トーンをシフトすることです。 ブレンド カラーが暗いほど中間色は暗くなり、その逆も同様です。

スクリーン

「スクリーン」は、ターゲットとなるブレンドレイヤーの輝度値に応じて明るくなります。画像を明るくしたり、レイヤーのハイライトを作るのに優れたブレンドモードです。

比較(明)

「比較(明)」では、ベースカラーとブレンドカラーを比較して、両方の最も明るい色を維持します。 ベースカラーとブレンドカラーの両方が同じ場合は効果がありません。

比較(暗)

「比較(暗)」では、ベース カラーとブレンド カラーを比較して、両方の最も暗い色を維持します。 ベースカラーとブレンドカラーの両方が同じ場合は効果がありません。

差の絶対値

「差の絶対値」では、ベースカラーとブレンドカラーの差を取得して、新しいブレンドを作成します。

覆い焼き

「覆い焼き」の名前は、古い写真撮影方法で使用されていた伝統的な覆い焼きツールに由来しています。 ベースカラーとブレンドカラーのコントラストを低下させ、中間色を飽和させ、白飛びしたハイライトを作成します。

焼き込み

「焼き込み」の名前は、古い写真撮影方法で暗い写真に使用されていた従来の焼き込みツールに由来しています。 ベースカラーとブレンドカラーのコントラストを高めて、ハイライトを減らし、中間トーンの彩度を高めます。

その結果は、多くの場合、同等の乗算よりも暗くなります。

ソフトライト

「ソフト ライト」はオーバーレイに似ていますが、よりソフトな効果があります。 暗くしたり明るくしたりする効果はレイヤーの輝度値に基づいており、最終結果のコントラストが低下します。

ハードライト

「ハード ライト」は、乗算とスクリーンを組み合わせて機能します。 ブレンドレイヤーの値が明るいほど、最終結果はより強烈になります。 不透明度を下げて、より柔らかい最終効果を作成できます。

色相

「色相」はトーンや彩度を変更せずにレイヤーの色相を変更します。

彩度

「彩度」では、彩度の最低値に変更しながら、ベース レイヤーの明度レベルと色相を保持します。

カラー

「カラー」は、色相と彩度の組み合わせとして機能します。 ベースレイヤーの色相と彩度をブレンドレイヤーに変更します。 グレースケール画像をカラーに変換するのに適しています。

輝度

「輝度」は、色情報を変更せずに明度の値をブレンドします。