MediBang Pro

Tutorial

FAQ

色収差

色収差フィルターで、作品に近未来的でクールな印象を与えましょう。

色収差とは

色収差とは、写真を撮ったときにハロと呼ばれる虹色の光ができる現象のことです。カメラのレンズに入る光に含まれる色が、一点に集中せずに分散するとこのようなことが起こります。高価なカメラだとレンズの集光が優れているため色収差は発生しませんが、安価なカメラだとそうはいきません。

色収差を適用する

MediBang Proの色収差フィルターを使うことで、画像に近未来的な印象を持たせたり、あるいは実際にカメラで撮影したようなリアルな雰囲気を持たせることが可能です。

フィルターメニューから色収差を選択して起動します。

XとYの2本のスライドバーが表示されます。数値を左右に動かして好みの見た目になるよう調整できたら完了です。