MediBang Pro

Tutorial

FAQ

ファイル形式

MediBang Proがインポート・エクスポートに対応しているファイル形式は、MDP(MediBang Pro独自のファイル形式)・PNG・JPEG・BMP・GIF・PSD・TIF・WEBPとなっています。

MDP

MDP形式のファイルは、MediBang Proのデフォルトで使われるファイル形式です。テキスト情報とレイヤー情報を保存できますが、画像ファイルとしてどこかにアップロードすることはできません。

MediBang Proで最もスムーズに動作し、他のMediBang Proアーティストと最も簡単に共有できるファイル形式です。

PNG

PNG形式のファイルはサイズが小さく、保存時に背景を透明にできる唯一のファイル形式です。作品をオンラインに投稿したい場合には最も適しています。

JPEG

JPEG形式のファイルも低容量のファイルフォーマットですが、圧縮設定の影響で画質が劣化しやすいという欠点があります。このタイプのファイルは、透明な背景やレイヤー情報を保存することができません。

BMP

BMP(ビットマップ)形式のファイルは非圧縮なので、容量を多く消費する代わりに、画質を低下させることなく繰り返し保存できます。このタイプのファイルはレイヤー情報を保存できません。

PSD

PSD形式のファイルはAdobe® Photoshop®のファイル形式です。このファイルタイプは、テキストとレイヤー情報を保存できますが、MediBang Proに独自に対応するものではありません。

TIFF

TIFF 形式のファイルは、画質を損なうことなく圧縮できます。高画質のため、グラフィックデザイナーや写真家に人気のファイル形式ですが、ロスレスで圧縮を行うため、他のファイル形式より多くの容量を必要とします。

WEBP

WEBP形式のファイルは、オンラインにアップロードする画像のサイズを小さくするためにGoogleが開発したファイル形式です。コンパクトな形式なので、高解像度の画像は品質に影響を受ける可能性があります。そのため印刷用途にはお勧めできません。

GIF

画像交換フォーマット(Graphics Interchange Format)、略してGIFです。複数の画像やフレームを合わせて簡単なアニメーションを作成するのに使われるファイル形式で、一枚につき256色の表現、各画素につき8ビットの色情報を持たせることが可能です。