アクセサリーや鎧などイラストで金属が描かれる機会は多いと思います。
そこで今回はそれとなく簡単に描ける金属の塗り方についてご紹介します。

 

金属の塗り方

1.形をとる

まず初めに描きたい金属のシルエットをとります。
今回は指輪の形を描きました。

形がとれたらベースとなるグレーを塗ります。
グレーはバケツを使って塗ると簡単に塗る事ができますので、バケツを使って塗りましょう。

2.影をつける

次に影をつけていきます。

ベースより少し濃い色で影をつけていきます。
塗ったらベースと影の境界となる部分はぼかして下さい。
ペンツールの「ぼかし」や「エアブラシ」を使ってぼかしていきました。

 

3.更に濃い影色をのせる

次に濃い影をつけていきます。

先ほどつけた色より更に濃いグレーをつけていって下さい。
境界はぼかして下さい。

 

4.ハイライトをつける

影をつけたら次はハイライトをつけていきます。

ハイライトは白色を使って描いていきます。
ハイライトも境界となる部分をぼかします。
ハイライトが描けたら完成です!

 

まとめ

金属を描く上でのポイントは、光と影のコントラストを強く描く事です。
ここを意識すればそれとなく簡単に描ける事ができると思います。
よかったら描いてみて下さいね。