自作のゆるキャラでSNSのスタンプやアイコンを作ってみたい!と思ったことはありませんか?
そこで今回は、かわいいゆるキャラ・ゆるイラストの描き方をご紹介します!
絵を描いたことがない初心者さんや、絵が苦手という方にもおすすめなので、ぜひご覧ください。

①キャラを描くコツ

描くモチーフは人でも動物でも文房具でもコップでもなんでも構いません。
猫だったら尖った耳とヒゲ、うさぎだったら長丸の耳、など特徴を捉えた形に目と口が付いていればどんなものでもキャラクターに見えます。
いろんなものをゆるキャラにしてみましょう!

 

ゆるかわいい顔を描くコツは、輪郭は大きく、顔のパーツは小さく描くことです。
また、目・鼻・口はほぼ横並びくらいにぎゅっと近くにするとよりかわいくなりますよ。

ゆるキャラのようにシンプルなイラストは目、鼻、口など顔パーツのバランスが整っているだけで全体のバランスが安定します。
目は左右の形と高さをそろえ、鼻と口は目の真ん中に描くとバランスが良く見えます。

正面以外の方を向いた顔を描きたいときは、輪郭はそのままで顔を描く位置を変えればそちらを向いているように見えます。

 

②線画の描き方

ゆるキャラのかわいいところといえばころんと丸みをおびたシルエットですが、ゆるっと力を抜きながらも雑に見えない線でイラストを描くのは案外むずかしいものです。

一気に描こうとすると線が歪んでしまうし、何回かに分けて描くと線が繋がらずに雑になってしまう…というときにおすすめの描き方が、あえて線をつなげずに描く方法です。
自分の描きやすい所まで描く→少し離して自分の描きやすい所まで描くを繰り返して描くときれいな線を描くことができます。

すきまを空けることできれいな線が描きやすくなるとともに、力の抜けたちょうどいいゆる感が出ます。
人物の髪の毛などは描き込まず、毛の流れを腺でサッと描くぐらいでシンプルに描きましょう。

ペンブラシだけでなく鉛筆やクレヨンなども使ってみて自分の描きたい雰囲気に合ったブラシを見つけましょう!

 

③色の塗り方

ベタ塗りだけでもいいですが、ハイライトを足してあげるだけでもイラストの出来栄えがぐんと変わります。
光の方向などはあまり気にせず、思いついたところにささっとでOKです!

ほっぺただけ塗る、線画の内側だけなぞるように塗るのもシンプルでかわいくなります。
好きな塗り方を見つけてみましょう!

④まとめ

ゆるキャラの描き方についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
コツさえ覚えて描くのに慣れてしまえば、落書きを描くように簡単にキャラクターを描けるようになります。
自分なりの「かわいい」を見つけて、いろんなゆるキャラを描いてみましょう!

ゆるキャラを描くためのおすすめの記事はこちらです。

かんたん!ゆるキャラ風リスの描き方

【かんたん】ゆるキャラ斜線塗り風講座!

可愛い!水彩風ゆるキャラの描き方

(文・絵/mozukuni)